bash で無限ループ

while :
do
    ...
done

「:」はヌルコマンドという組み込みコマンドらしい。

シェルの組み込みコマンドであるコロンひとつのヌルコマンド(:)は常に戻り値が0の値を返します。このコマンドは無限ループを意図的に作る場合などに使用されます。

ヌルコマンドによる無限ループ

help で調べてみると、

$ help :
:: :
    No effect; the command does nothing.  A zero exit code is returned.

そのままやな。そりゃそうかw