自動UNDOチューニングについて

自動undoチューニングについて データベースコンサルタントのノウハウちょい見せ
を読んで自分なりにまとめてみた。

  • Oracle10g以降はUNDO保存期間を自動的にチューニングする。オフれない。
  • 固定サイズの場合
    • UNDO_RETENTION は無視される。
    • UNDO表領域の85%か警告アラート閾値の低いほうに基づいてチューニングされる。
    • だから UNDO の使用量を少なくしたい場合は警告アラート閾値を下げれば良い。
    • 警告アラート閾値DBMS_SERVER_ALERT.SET_THRESHOLD で変更することができる。
  • AUTOEXTENDの場合
    • UNDO_RETENTION で指定された最小保存期間を維持しようとする。
    • 空き領域がなくなった場合、期限切れのロールバック情報があれば上書き、なければ表領域を自動拡張する。
    • MAXSIZE句が指定されている場合、最大サイズに到達すると、期限切れでないロールバック情報を上書きする。