Solaris 10 でトレースをとるコマンドいろいろ

メモ。

truss -u libsocket ping localhost 
truss -t !all -u libsocket ping localhost


追記(2011/12/21):

-u [!]lib, . . . :[:][!]func, . . .
ユーザーレベルの関数呼び出しを追跡します。

http://docs.oracle.com/cd/E19253-01/819-1210/truss-1/index.html

truss はシステムコールやシグナルのトレースを取得するコマンドだけど、-u オプションを使うとユーザーレベルの関数呼び出しを追跡することが可能。