クライアントからの接続要求時にリスナー・ログに出力されるメッセージの書式

リスナー・ログ監査証跡情報
リスナー・ログ・ファイルには、ネットワーク利用度の統計を収集および分析できる監査証跡情報と、次の内容を示す情報があります。

  • クライアントの接続要求
  • リスナー制御ユーティリティによって発行された、RELOAD、START、STOP、STATUSまたはSERVICESコマンド

監査証跡情報を表に保存した後、それをレポート形式に書式設定することで、傾向とユーザー・アクティビティを検証できます。データを表にインポートするには、SQL*Loaderなどのインポート・ユーティリティを使用します。

リスナーのログ監査証跡の書式
監査証跡のテキストは次のフィールドで構成されます。

Timestamp * Connect Data [* Protocol Info] * Event [* SID | Service] * Return Code

監査証跡のプロパティは次のとおりです。

  • 各フィールドはアスタリスク(*)で区切られます。
  • プロトコル・アドレス情報、およびサービス名またはSID情報は、接続が試行された場合のみ記録されます。
  • 成功した接続またはコマンドには、コード0(ゼロ)が戻ります。
  • 失敗した場合は、エラー・メッセージに対応するコードが生成されます。

例16-4に、RELOADコマンド要求のログ・ファイルの出力例を示します。

例16-4 正常なリロード要求に対するリスナー・ログ・イベント

14-MAY-2009 00:29:54 *
(connect_data=(cid=(program=)(host=sales-server)(user=jdoe))(command=reload)
(arguments=64)(service=listener)(version=135290880))
* reload * 0

例16-5に、正常な接続要求のログ・ファイルの出力例を示します。

例16-5 正常な接続要求に対するリスナー・ログ・イベント

14-MAY-2009 15:28:58 * 
(connect_data=(service_name=sales.us.example.com)(cid=(program=)(host=sales-server)
(user=jdoe))) 
* (address=(protocol=tcp)(host=192.168.2.35)(port=41349)) * establish 
* sales.us.example.com * 0 
Oracle Net Servicesのトラブルシューティング