Oracle Universal Installer (OUI) の -detachHome オプション

  • Oracle Database をインストールしたいパス(Oracle Home)が既にインベントリ・ファイル*1に登録されている場合に使う。
  • OUI を -detachHome つきで実行すると、インベントリ・ファイルが変更され、<HOME NAME= ... で始まるタグに REMOVED="T" が追記される。
$ $ORACLE_HOME/oui/bin/runInstaller -detachHome ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1 -invPtrLoc /var/opt/oracle/oraInst.loc
$ diff oraInventory/ContentsXML/inventory.xml oraInventory.org/ContentsXML/inventory.xml
9a10
> <HOME NAME="Ora11g_dbhome1" LOC="/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1" TYPE="O" IDX="1"/>
11d11
< <HOME NAME="Ora11g_dbhome1" LOC="/u01/app/oracle/product/11.2.0/dbhome_1" TYPE="O" IDX="1" REMOVED="T"/>

参考

  • Oracle Universal InstallerおよびOpatchユーザーズ・ガイド 11gリリース1(11.1) for Microsoft Windows and UNIX Systems (E05707-05)
    • 1 Oracle Universal Installerの概要 - ユーティリティで実行されるアクション

セントラル・インベントリからOracleホームをデタッチできます。このフラグを渡すと、セントラル・インベントリにあるinventory.xmlファイルが更新されます。構文は次のとおりです。

./runInstaller -silent -detachHome -invPtrLoc ./oraInst.loc ORACLE_HOME="<Oracle_Home_Location>" ORACLE_HOME_NAME="<Oracle_Home_Name>"
Oracleホームの管理
    • C Oracle Universal Installerのコマンドについて - 表C-1 Oracle Universal Installerのオプション

-detachHome Oracleホーム内のインベントリ・ディレクトリを削除せずにOracle Universal Installerインベントリからホームをデタッチします。このフラグを使用する場合は、ORACLE_HOMEセッション変数を渡す必要があります。

Oracle Universal Installerのコマンドについて
  • Cloning An Existing Oracle11g Release 1 (11.1.0.x) RDBMS Installation Using OUI (Doc ID 559305.1)

*1:/ContentsXML/inventory.xml