Oracle Real Application ClustersでのJavaベースのツールとユーティリティに関するトレースの有効化

Oracle Real Application ClustersでのJavaベースのツールとユーティリティに関するトレースの有効化

Oracle RACで使用可能なJavaベースのすべてのツールとユーティリティは、ツールまたはユーティリティと同じ名前のスクリプトを実行して起動します。クラスタ検証ユーティリティ(CVU)、Database Configuration Assistant(DBCA)、Net Configuration Assistant(NetCA)、Server Control(SRVCTL)、Global Services Daemon(GSD)などがあります。たとえば、DBCAを実行するには、コマンドdbcaを入力します。

Oracle Databaseでは、デフォルトでDBCAおよびDatabase Upgrade Assistant(DBUA)のトレースが有効になっています。CVU、GSDCTLおよびSRVCTLの場合は、 SRVM_TRACE環境変数をTRUEに設定すると、Oracle Databaseでトレースを生成できます。トレースはログ・ファイルに書き込まれます。たとえば、DBCAおよびDBUAの場合、トレースはそれぞれOracle home/cfgtoollogs/dbcaおよびOracle home/cfgtoollogs/dbua内のログ・ファイルに書き込まれます。

Oracle Real Application Clustersのトラブルシューティング