DevLOVE ターミナル勉強会「オレの*_historyが火を吹くぜ!」を覗いてきた

内職しながら、3月26日 DevLOVE ターミナル勉強会「オレの*_historyが火を吹くぜ!」(東京都) を覗いてきた。
今日の収穫は「grep -A -B -C」。恥ずかしながら知りませんでした。キーワードにヒットした行の前X行、後X行、前後X行を表示とかできるんですね。

キーワードにヒットした行の後ろ2行を表示する。

% grep -A2 50 *
foo.txt:50
foo.txt-51
foo.txt-52

キーワードにヒットした行の前2行を表示する。

% grep -B2 50 *
foo.txt-48
foo.txt-49
foo.txt:50

キーワードにヒットした行の前後2行を表示する。

% grep -C3 50 *
foo.txt-48
foo.txt-49
foo.txt:50
foo.txt-51
foo.txt-52


以下はかなり断片的な自分用メモ。

「誰得コマンド&オプション35連発」 by @yoozoosato さん

発表資料はコチラ → 誰得コマンド&オプション35連発
35個のコマンドを紹介されました。

less -N
less -> F
less -> v
df -l
df -H
ps w
wget --random-wait (-r と一緒に)
wget --spider (-S と一緒に)
tcpflow -c -l enl -e -port 80
cd -
ls -lh
ls -lT
open -R (Mac OS X)
open -g (Mac OS X)
sed -i
cp -p
file -I
tar -p
tar -j
tar -C
zcat
zgrep
bzcat
wc
cal -y
chown group:owner ...
su -
gtags
screen; kanji
nmap

35個ない、ちょっとメモ漏れましたが、発表資料が公開されているので無問題。
「LLでWEBをやっていると、Terminal は避けて通れない。」「Editor、Browser、Terminal は三種の神器」と締めくくられていました。

「カジュアルにターミナルを」 by @masasuz さん

発表資料はこちら → http://masasuzu.github.com/slide/build/2012-03-26_devlove_terminal.html

set -o vi
set -o emacs
fc コマンドでコマンドをエディタで編集できる。
vimdiff で diff して編集
vim -R で読み込み専用モードで開く
grep -r
grep -A -B -C
grep --exclude-dr
grep --color
grep -v
grep -w -x
grep -c
grep -l -L
GREP_OPTIONS 変数
export LANG=C man grep
ack (cpan App::Ack)

grep -A -B -C は知らなかった(^-^;
手元の Cygwin で確認してみたところ、man に書いてますた。

% man grep
...
   Context Line Control
       -A NUM, --after-context=NUM
              Print  NUM  lines of trailing context after matching lines.  Places a line containing a group separator (--) between contiguous
              groups of matches.  With the -o or --only-matching option, this has no effect and a warning is given.

       -B NUM, --before-context=NUM
              Print NUM lines of leading context before matching lines.  Places a line containing a group separator (--)  between  contiguous
              groups of matches.  With the -o or --only-matching option, this has no effect and a warning is given.

       -C NUM, -NUM, --context=NUM
              Print NUM lines of output context.  Places a line containing a group separator (--) between contiguous groups of matches.  With
              the -o or --only-matching option, this has no effect and a warning is given.
SSH Tips & Tricks」 by @nobu666 さん

発表資料はこちら → SSH Tips & Tricks

ssh のお話でした。ssh ってこんなに機能があったとは知らなかった。

  • Port Forwarding が便利そうだと思った。
ssh -Nf -L80:HOST:80 GATEWAY
ssh -Nf -LI3306:HOST:3306 GATEWAY
  • rsync --partial
  • sshfs
  • トラブルシューティングのときは

ssh があればなんでもできる」「Let's "man ssh_config"」と締めくくられていました。


最後に @ShougoMatsu さんが飛び込み LT で vimshell を紹介されていました。