UNIX System V IPC 共有メモリはページアウトされる

最前線UNIXのカーネル

最前線UNIXのカーネル

P.540

UNIX System V では、プロセス間通信(IPC)機構の一部として共有メモリ機構が提供されている(第6.3.4項参照)。
(中略)
ただし、匿名オブジェクトは、それを構成するページに対してバッキング・ストアを提供していない。このため各ページは初回変更時に匿名ページに変更され、スワップ・デバイスにバックアップされるようになる。


Oracle8i&UNIXパフォーマンスチューニング―Oracle8i+UNIXのための最適化技法 (Database developer’s guide)

Oracle8i&UNIXパフォーマンスチューニング―Oracle8i+UNIXのための最適化技法 (Database developer’s guide)

P.66

共有メモリページは、明示的にmlcok()システムコールを呼び出さないかぎり、ロックされない。mlock()システムコールは、mlock()に指定されたメモリページを主記憶内でロックする。これにより、ページがスワップやページアウトされなくなる。

共有メモリーを固定して、ページングを防ぎ、入出力のオーバーヘッドを減らすことができます。そのためには、LOCK_SGAパラメータをtrueに設定します。AIX 5Lの場合、基礎となるハードウェアでラージ・ページ機能がサポートされていれば、同じパラメータによりこの機能がアクティブになります。

Oracle Databaseのチューニング

Paging is not necessarily a bad thing – moving older and not-so-often used data out of memory is something that will be done rather routinely – this is how AIX keeps a healthy system. However, when SGA memory starts to page out (and, more importantly, page back in) things can go bad quickly as, well, ORACLE does not really expect SGA to be a disk based area … (ORACLE would have called it “SDA” if that was the case ;-) )

You probably know that in the vast majority of configurations, it is strongly advised to size SGA so that it fits entirely into physical memory and never pages out. The question becomes: how can we accomplish that on AIX?

How ORACLE Uses Memory on AIX. Part 3: Locking SGA « Intermediate SQL

The symptom is that paging space usage may increase over time as different areas of DB2's shared memory are paged out

http://www-304.ibm.com/support/docview.wss?uid=jpn1J1006032