Oracle Database for Windows の実行可能ファイルやサービスの名前

5.13 WindowsでのOracleデータベース・サービスの理解
インストール後にデータベースを作成すると、次の2つの主なOracleサービスが自動的に開始されます。

  • OracleServiceSID(Oracleデータベース・サービス)
  • OracleHOME_NAMETNSListener(Oracleデータベース・リスナー・サービス)

Oracle Enterprise Manager Database Controlをインストールすると、OracleDBConsoleSIDサービスが自動的に開始されます。構成された自動ストレージ管理には、OracleCSServiceおよびOracleASMService+ASMサービスも表示されます。ただし、ネットワーク用の他のサービスやその他の個々のコンポーネントは、自動的に起動されない場合があります。

Oracle Databaseの開始

[コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]で確認できます。

表4-1 Windowsファイアウォール例外が必要なOracle実行可能ファイル

ファイル名 実行プログラム名
oracle.exe Oracle Database
tnslsnr.exe Oracle TNSリスナー
Windowsでのインストール後の構成タスク

タスクマネージャーの[プロセス]タブで確認できます。