Googleの及川さんがブログに書かれていた「置換思考実験」を読んで

あるものの本質を考えてみるには、そのものをほかに置き換えることを考えてみると良い。ほかに置き換え可能だろうか。可能であるとするならば、何がそのものにとって必須なもので、何が付帯的なものだろうか。こんなことを考えてみるのは良い思考実験だ。

置換思考実験 - Nothing ventured, nothing gained.

自分はコンピュータの世界の仕組みをリアルの世界に置き換えて考える習慣がある。そうすると本質が浮かび上がってくる。そんなことを繰り返しているとアレとコレは同じだなとか見えるようになる。知らないことでもこうなってるんじゃないかと想像がついて、調べてみると結構当たっていたりする。及川さんが「置換試行実験」と書かれている考え方は新卒で入ったベンチャー企業のエンジニアでない社長に叩きこまれたものがだが、感謝している。