チューニングについての考察

当たり前体操な話

  • 性能問題には、特定の処理が遅い場合とシステム全体が遅い場合がある。
  • 特定の処理が遅い場合は、まずは直列処理を速くする、次に並列化できるところを並列化する。あとは、ハードウェアレベルでCPUのクロック周波数やI/O性能が向上するとさらに速くなる。

  • システム全体が遅い場合は、交通量が多くて混雑している場合と、どこかで詰まっている場合がある。交通量が多い場合は、道を広くする。どこかで詰まっている場合は詰まりの原因を解消してやる。


  • また、キャッシュ、コネクションプーリング、バインド変数などのように同じことを何度も繰り返す場合は再利用することで高速化することができる。