Solaris で SJIS のファイルを見たいときは環境変数 LANG に ja_JP.PCK を設定する

SolarisSJIS のファイルを見たいときは環境変数 LANG に ja_JP.PCK を設定する

$ export LANG=ja_JP.PCK

vi は LANG ではなく LC_ALL を設定してやるとよい。

$ export LC_ALL=ja_JP.PCK


プログラムによって見てる環境変数が違うと思われる。

$ truss -l -o fuji.log vi fuji.txt 
$ view fuji.log

...

/1:     stat("/usr/lib/locale/ja_JP.PCK/LC_CTYPE/wdresolve.so", 0xFFBFEAA0) = 0
/1:     resolvepath("/usr/lib/locale/ja_JP.PCK/LC_CTYPE/wdresolve.so", "/usr/lib/locale/ja_JP.PCK/LC_CTYPE/wdresolve.so", 1023) = 47
/1:     open("/usr/lib/locale/ja_JP.PCK/LC_CTYPE/wdresolve.so", O_RDONLY) = 3

...