Seekwatcher を使ってみる

Seekwatcher generates graphs from blktrace runs to help visualize IO patterns and performance. It can plot multiple blktrace runs together, making it easy to compare the differences between different benchmark runs.

Seekwatcher

なんとこんな素晴らしいものがあるとは。ありがとう、Chris Mason。

[root@yazekats-linux work]# which seekwatcher
/usr/bin/seekwatcher

お、すでに入ってる。グラフできるかな?

[root@yazekats-linux work]# seekwatcher -t sda.blktrace.* -o sda.png


できた、すげ〜

[yazekats@yazekats-linux ~]$ head -3  /usr/bin/seekwatcher 
#!/usr/bin/env python
#
# Copyright (C) 2007 Oracle.  All rights reserved.

へ〜、Python で書かれてるんだ。

ファイルシステムの分析には seekwatcher というツールを自ら書きました。blktrace の出力情報を分析してディスクの動きを可視化できるので、性能上の問題の特定がしやすくなりました。

最近、python の代わりに C を使って iowatcher というツールを再作成しました。今後は、フラッシュ デバイスの動きを観察するためにさまざまな機能を追加しようと思っています。

革命の日々! seekwatcher

ほ〜、iowatcher なんてのもあるのか。

iowatcher graphs the results of a blktrace run. It has a few different modes:

  • Graph the result of an existing blktrace
  • Start a new blktrace
  • Start a new blktrace and a benchmark run
  • Make a movie of the IO from a given trace
  • Parse mpstat output for CPU usage graphs
  • Parse Fio bandwidth logs for application level graphs
  • Tag IO on a per-process basis
http://masoncoding.com/iowatcher/