Oracle VM 3.2.8 をインストールしたメモ

構成

VirtualBoxOracle VM Server を、ホストOSに Oracle VM Manager をインストールする構成

Oracle VM Server 3.2.8 (Patch 16410428)
↑
VirtualBox 4.3.10 (r93012), Oracle VM Manager 3.2.8 (Patch 16410417)
↑
Oracle Linux 6.4 (2.6.39-400.17.1.el6uek.x86_64)
↑
Lenovo ThinkPad X230

ダウンロード

  • My Oracle Support で以下をダウンロードする
    • Oracle VM Server 3.2.8 Patch Update (Build 735) --- patch ID 16410428
  • Oracle Software Delivery Cloud - Oracle Linux and Oracle VM で以下をダウンロードする

VirtualBox仮想マシンを作成する

  • Memory size: 8192MB

  • Hard drive file type: VDI (VirtualBox Disk Image)

  • Hard drive: create a virtual hard drive now

  • Storage on physical hard drive: Dynamically allocated

  • File location and size
    • location: OVS328
    • size: 80GB

Oracle VM Server をインストールする

  • [Settings]-[Storage]-[CD/DVD Drive] で patch ID 16410428 をダウンロードして解凍したISOファイル(OVS-3.2.8-736.iso)を選択し、[Start] を押して起動する。

  • [Oracle VM Server]画面が表示されるので、[Enter]を押す

  • [CD Found]画面が表示されるので、[OK]を選択する

  • [Media Check]画面が表示されるので、[Test]を選択する。

  • [OK]を選択する。

  • 「Keyboard Selection」画面が表示されるので、キーボード・レイアウト・タイプを選択する。
    • jp106 を選択

  • 「End User License Agreement」画面が表示されるので、[Accept]を選択する。

  • 「Warning」画面が表示されるので、[Yes]を選択する。

  • [Partitioning Type]画面が表示されるので、使用するパーティションを選択する。

  • 「Warning」画面が表示されるので、[Yes]を選択する。

  • 「Review Partition Layout」画面が表示されるので、[Yes]を選択する。
    • VMテンプレートを置くのにそれなりの容量を使うので、「/」に20GBほど割り当てた。

  • [Partitioning]画面が表示されるので、確認して[OK]を選択する。

  • [Boot Loader Configuration]画面が表示されるので、[OK]を選択する。
    • Where do you want to install the boot loader?: /dev/sda Master Boot Record(MBR)
    • Allow boot from mulitipath device: チェックしない(マルチパスデバイスを使っていないので)

  • [Network Interface Configuration]画面が表示されるので、IPアドレスとネットマスクを入力する。

  • [Hostname Configuration]画面が表示されるので、[manually]を選択してホスト名を入力する。

  • [Time Zone Selection]画面が表示されるので以下の通り選択する。
    • System clock uses UTC: チェックする
    • What time zone are you located in?: Asia/Tokyo

  • [Oracle VM Agent password]画面が表示されるのでパスワードを入力する。

  • [Root Password]画面が表示されるので、root のパスワードを入力する。

  • [Installation to begin]画面が表示されるので、[OK]を選択する。

  • [Complete]画面が表示されるので、[Reboot]を選択して再起動する。

Oracle VM Manager をインストールする

  • hostname コマンドで返ってくるホスト名の名前解決ができるよう /etc/hosts を設定する。
192.168.56.10 ovmm328.jp.oracle.com
  • インストールメディアをマウントする。
[root@yazekats-linux ~]# mount -o loop /home/yazekats/software/oraclevm_3.2.8/ovm/V44601-01.iso /mnt/ovm
  • createOracle.sh を実行する。
[root@yazekats-linux ~]# cd /mnt/ovm
[root@yazekats-linux ovm]# ./createOracle.sh 
Adding group 'oinstall' with gid '54321' ...
groupadd: group 'oinstall' already exists
Adding group 'dba'
groupadd: group 'dba' already exists
Adding user 'oracle' with user id '54321', initial login group 'dba', supplementary group 'oinstall' and  home directory '/home/oracle' ...
User 'oracle' already exists ...
uid=601(oracle) gid=601(oinstall) groups=601(oinstall),602(dba)
Creating user 'oracle' succeeded ... 
Verifying user 'oracle' OS prerequisites for Oracle VM Manager ...
oracle	soft	nofile		8192
oracle	hard	nofile		8192
oracle	soft	nproc		4096
oracle	hard	nproc		4096
oracle	soft	core		unlimited
oracle	hard	core		unlimited
Setting  user 'oracle' OS limits for Oracle VM Manager ...
Altered file /etc/security/limits.conf
Original file backed up at /etc/security/limits.conf.orabackup
Verifying & setting of user limits succeeded ... 
Creating mountpoint '/u01' ...
Modifying iptables for OVM
Adding rules to enable access to:
     7002  : Oracle VM Manager https
     15901 : Oracle VM Manager VM console proxy
     54321 : Oracle VM Manager core
     54322 : Oracle VM Manager core via SSL
       123 : NTP
     10000 : Oracle VM Manager CLI Tool
iptables: Saving firewall rules to /etc/sysconfig/iptables:[  OK  ]
Rules added.
  • MySQL をアンインストールする
[root@yazekats-linux ovm]# yum remove -y mysql-server-5.1.66-2.el6_3.x86_64

もしくは

[root@yazekats-linux ovm]# rpm -e --nodeps mysql-server-5.1.71-1.el6.x86_64
[root@yazekats-linux ~]# mount -o loop /home/yazekats/software/oraclevm_3.2.8/ovm/V44601-01.iso /mnt/ovm
[root@yazekats-linux ~]# cd /mnt/ovm
[root@yazekats-linux ovm]# ./runInstaller.sh 

Oracle VM Manager Release 3.2.8 Installer

Oracle VM Manager Installer log file:
/tmp/ovm-manager-3-install-2014-05-01-053045.log

Please select an installation type:
   1: Simple (includes database if necessary)
   2: Custom (using existing Oracle database)
   3: Uninstall
   4: Help

   Select Number (1-4): 1
[root@yazekats-linux ~]# chkconfig ovmm off
[root@yazekats-linux ~]# chkconfig ovmm_mysql off
  • ログインする
  • [Servers and VMs]-[Discover Servers]-
    • Oracle VM Agent Port:8899
    • Oracle VM Agent Password:OVSインストール時に入力した Agent のパスワード
    • IP Addresses/DNS Hostnames:192.168.56.101

*1:MOS の patch ID 16410417 はパッチなので1からインストールする場合はこちらをダウンロードする